「あん」を見て感動と涙の一日

芦屋ココロバコのフラワーレメディ、

未来をデザイする使命ブランディングの

愛花千鶴に会いに来てくれてありがとうございます。

芦屋ルナホールで開催された「あん」の上映会に行ってきました。

心温まる、ほんわかするなかにも、

深いメッセージがある映画でした。

樹木希林さんが演じるハンセン病の方の生き方、

感じ方を通して、この世生まれてきた意味を感じました。

前に前に出て、頑張り続けるのももちろん良いと思いますが、

何者にもならなくても、生まれてきた意味はあると、

この世を見るために、聞くために生まれてきたという

素晴らしい考え方に共感しました。

ドリアン助川さんのひとつの考え方ですが、

本当のビッグバンは私達生まれるときにも起きていて、

私達が認識しているこの世も一緒に生まれた。

花や鳥や蝶々や友達も一緒に生まれて、死ぬ時は

一緒に去っていくという、ドリアンさんの考え方、

とても素敵です。

社会の役に立ってるという認識がなくても、

生まれきただけで、意味があり素晴らしいと思いました。

映画もとても自然な演技が心地よかったです。

世界中で親しまれている「あん」機会があれば、

どこかでご覧になってください。

お久しぶりにサットンと典子さんにお会いできました。

キョンちゃんや曜子さんご夫妻もいらっしゃっていて、

ふんわりした雰囲気で涙と感動は本日も続きます。

ドリアンさんの回り道もしてみるもんだという、世界観も好きです。

私も色んな事を感じて繋がりたいと思いました。

自然を感じられる芦屋に住めて、感謝です。